【セミナーレポート】電力活用セミナー@パナソニックさいたまショールーム


 

TEPCOホームテックでは、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」(FIT)の満了を迎えるお客さま
向けに、余剰電力のかしこい使い方をまなぶ、電力活用セミナーを各地で開催しています。

 

「電力活用セミナーには興味があるけれども、会場の様子はどうなのだろう?」
「実際に電力活用セミナーでは、どんな話が聞けるのだろう?」

 

など、気になられている方もいらっしゃると思います。
今回は、埼玉地区で初めて開催した、電力活用セミナーの様子をご紹介させていただきます。

 

埼玉地区ではじめての電力活用セミナー

 
今回レポートするのは、
 

2019年9月6日(金) 電力活用セミナー
@パナソニックリビングショールーム さいたま

 

今回の会場は、「JR与野駅」から徒歩7分。
2年前にオープンした、新しいショールームです。
受付開始から続々とご来場され、
お一人で参加される方も多くいらっしゃいました。
「一人でセミナーに参加するのがちょっと心配・・」
という方も安心してご参加いただけます。
 

今回のセミナーは、3部構成

 
第1部:東京電力エナジーパートナーより 固定価格買取制度(FIT)と余剰電力の活用方法について
第2部:パナソニックより 余剰電力の賢い使い方の講演(蓄電池やエコキュートなど)
第3部:個別相談会
当日は、3部構成でおこなわれました。
 

第1部は、東京電力エナジーパートナーより、FIT期間満了後の買取プランについての説明。
再生可能エネルギーの固定買取価格制度(FIT)とは何かという初歩的なおさらいから、
余剰電力の詳しい活用方法まで分かりやすく説明がありました。
 

蓄電池でかしこく自家消費するメリット

 
第二部は、パナソニックより余剰電力のかしこい使い方として、太陽光発電システムと蓄電池を組み合わせて
利用することのメリットを2つの視点からお話いただきました。
 
1つ目が、電気の自給率のアップ。
太陽光でつくった電気を蓄電池にためて朝晩や天候の悪い日に活用することで、電力会社から購入する電気を
削減することができます。
 
2つ目が、災害時の安心。 大規模な災害が頻発している昨今、とても関心が高いテーマです。
パナソニックのお話によると、停電時に使えなくて困る電化製品は
「1位冷蔵庫 2位情報のライフライン(TV/スマホ)3位照明」とのことで、
一般的な家庭用蓄電池があれば、これらの機器を非常時でも使えるそうです。
その他、生後まもない赤ちゃんがいるご家庭で、普段通り赤ちゃんのミルクや温かいご飯が作れたといった
体験談の紹介があり、蓄電池がもたらす安心について理解が深まりました。
 

ソーラーチャージ機能付きエコキュート

 
「ソーラーチャージ」とは、太陽光発電の余剰電力を有効活用できる新しいタイプのエコキュートです。
通常、エコキュートは主に夜間電力でお湯を沸き上げますが、ソーラーチャージ機能搭載のエコキュートを
太陽光発電と連携させることで、昼間に太陽光で発電した電気でお湯を沸かすことができるため、
夜間の買う電気を削減でき、かしこくお湯を沸かすことが可能になります。
 

個別相談会

 

 
「蓄電池の設置を検討しているけれども、そもそも我が家に設置できるの?」
「実際に蓄電池を設置するとしたら、どんな蓄電池を選べばいいの良いの?」
皆さまからのご質問に対し、
TEPCOホームテック提携店スタッフが、
個別にお応えをいたしました。

 

 

まとめ

 
「そのまま売電をした方が良いのか?それとも自家消費をしたほうが良いのか?」
「我が家にあっている自家消費の方法は?」
皆さんが抱いているお悩みにしっかりお応えする内容です。
 
参加を検討されている方、是非お気軽にご参加ください。